更年期の身体の不調にはホルモン補充療法がおすすめ

更年期に効く治療

医師

ホルモン補充療法は更年期に失われた女性ホルモンのエストロゲンの分泌量を高める治療法です。内服薬タイプ、外用薬タイプ、貼り薬タイプなどがあります。エストロゲンが増えると更年期独特の症状が緩和され、アンチエイジングにもなります。

View Detail

更年期障害の治療の種類

女の人

美容効果もある

女性は卵胞期に分泌される卵胞ホルモン「エストロゲン」があるおかげで、女性らしい体を保つことができます。しかし、エストロゲンは40代後半を境に一気に減少します。そしてそれがきっかけで、ホットフラッシュなどの更年期障害になります。更年期障害は人によってなる人もいればならない人もいます。40代に入って少し体調に異変を感じたら、病院に相談しに行くことをお勧めします。病院では症状に合わせてプラセンタ注射、ホルモン補充療法、漢方、抗うつ剤などを治療を提供しています。プラセンタ注射は美容効果もあるので、まだ更年期に入っていない20代や30代の女性にも大人気です。ホルモン補充療法もホルモンが補充されることで若返り効果があります。

補充療法の副作用

ホルモン補充療法は、エストロゲンの単剤やプロゲステロンの単剤などを服用し、ホルモンのバランスを安定化させて更年期障害を予防・改善する治療法です。サプリメントでもそうですが、ホルモンを増やす効果がある錠剤を経口摂取すると、一時的に生理が早く来たり、生理痛がひどくなったり、ニキビが増えたりすることがあります。ホルモンが増えることで起こる副作用ですが、ほとんどの人は慣れると収まっていきます。少し前はホルモン補充療法をすると乳がんの発生率が高まると言われており、ホルモン補充療法の危険性が叫ばれていました。しかし、今は研究が進み、ホルモン補充療法を受けても乳がんの発生率はさして高くならないことがわかっています。

更年期障害に有効な治療

女性

ホルモン補充療法とは、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」を注射器や経口摂取、経皮摂取によって体内に取り入れる治療です。更年期障害の改善に効果がある治療として医療機関で用いられています。

View Detail

女性ホルモンのアップ

看護士

女性ホルモンの減少を改善するには、ホルモン補充療法などの病院での治療が有効です。減少したホルモンが補うことができて、更年期の体調回復に効果があります。また、大豆食品や牛乳などを積極的に食べ、毎日の食事からエストロゲンを摂るのも効果的です。

View Detail