更年期の身体の不調にはホルモン補充療法がおすすめ

更年期に効く治療

医師

失われるエストロゲン

女性であれば一生付き合っていく必要があるのが女性ホルモンです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。卵胞期から排卵期にかけて多く分泌されるエストロゲンは「美人ホルモン」という別名があるほど女性にとって欠かせないホルモンです。美しい肌や体型、穏やかな性格などを作る物質ですが、悲しいことに更年期に入ると減っていきます。更年期に失われたエストロゲンを補充する治療を「ホルモン補充療法」といいます。ホルモン補充療法をすると、エストロゲンが増えて更年期障害の症状が緩和されます。それだけではなく、アンチエイジング効果があったり、バストアップ効果があったりと嬉しい影響が沢山あります。しかも保険治療なので経済的な負担が少なく、続けやすいのも魅力です。

治療の注意点

ホルモン補充療法はエストロゲンの分泌量を高める治療です。内服薬としてエストロゲンを経口摂取する方法や、外用薬として肌に塗る方法、貼り薬として貼る方法などがあります。内服薬の場合は毎日サプリメントのような感覚で飲めます。しかし、人によっては胃腸や肝臓に負担になる場合があります。その場合は塗る方法や貼る方法でエストロゲンを補充していきますが、外用薬を塗ると皮膚がデリケートな人はかぶれることがあります。また、ホルモン補充療法を始めたばかりのころは、それまで減っていたエストロゲンが増加するので、そのバランスについていけずに副作用が出ることがあります。副作用には生理不順や不正出血、おりものの増加、吐き気などがありますが、時間が経てば治っていきます。