更年期の身体の不調にはホルモン補充療法がおすすめ

更年期障害に有効な治療

女性

治療のリスク

更年期になると卵巣機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが急激に低下します。それが原因で起こる障害を「更年期障害」といいます。そのため、更年期障害を改善するには女性ホルモンを増やす治療が有効です。ホルモン補充療法では、経口摂取や経皮摂取で体内にホルモンを取り入れ、更年期障害を改善していきます。ホルモン補充療法のリスクですが、以前は乳がんなどの女性特有のがんの発生率が高くなると言われていました。しかし、最近の研究ではホルモン補充療法とがんの発生は無関係であることがわかっています。また、経口摂取によるホルモン補充療法は肝臓への負担が大きくなるので、もともと肝機能が弱い人はできない場合もあります。

治療のタイプ

ホルモン補充療法には「エストロゲン」を単独で摂る治療と、「プロゲステロン」を単独で摂る治療、「エストロゲンとプロゲステロン」の両方を摂る治療があります。基本的に子宮を切除している女性にはエストロゲン単独の処方になりますが、それ以外であればプロゲステロンも一緒に処方します。摂取する方法ですが、注射器で皮下組織に注入するタイプと、内服薬として飲むタイプ、クリームやスプレーなどのように皮膚につけるタイプがあります。注射の場合は即効性がありますが、注射が苦手な人はそれ以外の方法を選べます。ホルモン補充療法は更年期の軽い症状(ホットフラッシュ)に優れた効果があり、ほてりや発汗、冷え性、めまい、疲れなどが緩和できます。